PMS症状改善計画

生理痛とPMSに効く薬

ひどい生理痛やPMSの症状には、ピル(低用量経口避妊薬)を飲むという方法があります。ピルは一般的には避妊薬ですが、生理痛・PMSにも効果があります。避妊薬ですから現在子供を持とうと思っている人は使わないでください。

 

そもそもピルは女性ホルモンの量を調節し排卵を抑制する作用があります。そのため1か月のホルモンの量が安定するので、生理痛やPMSの症状も緩和されます。

 

市販されている一般的な生理痛の薬は、痛みを抑えるだけのものですが、ピルはホルモンの調整をしてくれるので、根本的な解決につながります。

 

しかし一度飲んだからと言って、次月も楽になるかといえばそうではないので、飲み続けなければなりません。子供をがそろそろ欲しいと思った人が、今まで飲んでいたピルをやめた途端、前よりも生理痛やPMSの症状が重くなったという人もいるようです。

 

子供を望む人、または長期間ホルモンに影響する薬を飲むのが不安だと思う方は、漢方薬を選んだほうがいいかもしれません。漢方は西洋薬に比べて効き目が穏やかですし、飲み続けるには安心です。

 

生理痛・PMSに効く代表的な漢方は、加味逍遥散、当帰芍薬散、桃核承気湯などがあります。昔からある漢方は、婦人科系の病気に強く、実に様々な種類があります。漢方は症状によって薬を決めるのではなく、自分の体質に合ったものを選ばなければいけないので、専門医や漢方薬局などで相談するのがいいと思います。

 

漢方薬やサプリを使ったり、食事や生活習慣の改善などPMSを軽くするためのコツみたいなものは存在するようです。こういった情報は生理前のイライラ解消サプリのススメ【月経前症候群PMS対策に】にもまとめられています。

 

女性の体はデリケートですから強い成分の薬などを使わないで、自然の力をかりつつ毎日健康に過ごせるようにしていきたいものです。

更新履歴